ハンガリーは数学で有名な国?ハンガリーの文化・習慣知ろう

ハンガリー

日本人の中で、ハンガリーって国名を知らない人はいないでしょう?

でも、どれだけの人が、ハンガリーのことを知っているでしょうか?

そもそも、ハンガリーのことは、日本ではあまりニュースでも聞きません。

ここでは、基本的なハンガリーの文化のことをご紹介します。ハンガリーについて興味を持たれるきっかけになれば幸いです。

ハンガリーのことをどれだけ知っていますか?文化・習慣から、ハンガリーを知ろう!

1.ハンガリーって、どんな国?

ハンガリー

ハンガリーは、中央ヨーロッパにある、内陸国です。首都は、「ドナウの真珠」と言われるブダペストです。東京からの直線距離は、約9000㎞。

日本~ハンガリー間の直行便が出ていないため、近隣の国で乗り継いで、約13時間半のフライトです。面積は、日本の約1/4、人口は980万人で東京都より少ないです。

一人当たりのGDPも日本の約2/5です。

ハンガリーでは、人口の大半がハンガリー人(85.6%)です。ハンガリー人は自らを「マジャール人」と呼ぶことがありますが、これは特に民族と言語の両方を意味する言葉です。

残りの人口のうち、3.2%がロマ人、1.9%がドイツ人、2.6%がその他の民族、14.1%が不特定多数です。

2.ハンガリー文化の特徴は?

1)ルービックキューブ発祥の国!

ハンガリーは、歴史的に多くの科学者を輩出し、優れた数学者も多数です。

一世を風靡し、今なおファンが多いルービックキューブを発明したのは、ハンガリー人のルビク・エルネーです。

他に、核兵器やコンピュータの開発に貢献したのも、ハンガリー人科学者です。

2)多様な民族音楽にインスパイアされた音楽

ハンガリーでは、地域ごとの各民族集団(ロマなど)による民俗音楽は、とても有名で、それ等にインスパイアされた音楽家も多数です。

バルトークやリストなどが有名です。

バルトークは、民俗音楽の祖の一人として、その音楽には、民俗音楽からのインスピレーションを強く感じさせます。

3.ハンガリーと日本の文化の違い

1)祝日には、大きなお店やショッピングセンターが閉まります!

24時間365日営業の便利さを享受している日本人からすると、祝日にお店が閉まるハンガリーはとても不便に感じます。

特に、クリスマスやイースターなどの連休前は、要注意です。

2)子どもにやさしいお国柄

最近、日本では、公園での子供たちの声がうるさいとクレームが出たりしますが、ハンガリーでは、とても子どもが大切にされています。

特に、14歳以下の子どもを一人で留守番をさせたり、一人で学校へ行かせるなどには、罰則が設けられています。

4.ハンガリーの食文化

1)世界に誇るトカイワイン

ハンガリーでは、伝統的にアルコール産業が盛んです。

特に、ワインでは、貴腐ワインとして、トカイワインが有名です。

ハンガリー北東部のトカイ地方の独特の気候によって生み出されます。

2)なんといっても、パプリカ!

ハンガリーと言えば、乾燥させて粉にしたパプリカを使った料理と、フォアグラが有名です。

特に、パプリカを用いた煮込み料理グヤーシュは、ハンガリーの定番家庭料理と言えるでしょう。

5.ハンガリーで気をつけたいこと!

1)ものの値段の端数に注意!

ハンガリーの通貨は、フォリントと言いますが、5フォリント以下の硬貨はありません。

そのため、値段が198フォリントの商品の場合、200フォリントを出してもおつりは出ません。

かわりに、191フォリントの場合、190フォリントでOKです。

ちなみに、1フォリントは、約0.35円です。つまり、2フォリントのおつりなら、1円以下になります。

2)ハンガリーのトイレ事情

外国へ行くと、それぞれの国のトイレ事情があって、戸惑うことも多いですが、ハンガリーでは、公衆トイレやファストフード店のトイレがたいてい有料です。

また、トイレットペーパーが完備されていないところが多いので、ご注意ください。

6.ハンガリー社会と階層について

共産主義時代、ハンガリーにはかつて存在した社会的、経済的格差の多くが減少しました。共産主義時代には、ほとんどの人が安定した収入と安定した仕事に就いていましたが、政府に対して不満を抱いていました。

ポスト共産主義時代には、雇用の安定が失われ、経済が大きく変化したため、生活が不安定になりました。さらに、住宅を含む多くのサービスや産業が民営化されました。

このことはハンガリーにも影響を与え、住宅などの経済的な問題は、多くの人にとっての懸念材料であり続けています。

ハンガリー人は非常に個人主義的で、自分と近親者の利益が優先される傾向があります。ハンガリー人は親しい友人や家族を頼りにしています。

多くのハンガリー人にとって、必要な時に最初に手を差し伸べるのは、より広いコミュニティや機関ではなく、親しい友人や家族なのです。

まとめ

ハンガリーは、日本人にとって、遠くて遠い国なのかもしれません。この記事が、少しでも、ハンガリーへの理解を助けるお役に立てればうれしいです。