デンマークは何が有名?食べ物や象徴、伝統などを簡単に紹介

デンマーク

デンマークは何が有名なのか気になっていませんでしょうか。

今回の記事では、デンマークの有名な料理や観光スポットなどをまとめて紹介しています。

デンマークは何が有名?食べ物や象徴、伝統などを簡単に紹介

デンマークの有名1「デンマークの国旗」

デンマークは、現在も使われている最古の国旗を持つ国として知られています。2019年、デンマークの国旗は800歳を迎えました そんなデンマークの国旗の愛称である「ダンネブローグ」の伝説も興味深いものです。

1219年、現在のエストニアで十字軍の遠征中、デンマーク王ヴァルデマール・セジュルが目の前で天から白い十字架のついた赤い布が降ってくるのを見たというものです。

この旗を見たことで、デンマークは思わぬ勝利を収めたと噂されている。ヴァルデマール王は、この戦いの後、「勝利のヴァルデマール」というニックネームを授かりました。

もちろん、この話に真実はないのですが、いい話だと納得していただけると思います。デンマークの親たちは、今でもこの伝説を子どもたちに話しているそうですが、デンマーク人は本当に国旗が好きなんです。

クリスマスツリー、ケーキ、家の外など、デンマークを訪れるといたるところにデンマーク国旗が掲げられているのを目にすることでしょう。

デンマークの有名2「農産物の輸出」

デンマークは、牛乳と豚肉をヨーロッパ諸国に輸出していることで有名です。どちらも大きな収入源となる産業で、これらを合わせるとデンマークの農産物輸出の4分の1を占めています。

デンマークの豚肉の90%は輸出されており、国内には5,000以上の養豚場があります。デンマークには5,000以上の養豚場があり、豚の数は人間の数より多いのです。

牛乳・乳製品産業は、デンマークに毎年130億DKK(21億ドル)という巨額の利益をもたらしている。デンマークの主な乳製品供給会社は、デンマークとスウェーデンの共同出資会社であるアーラ社です。

デンマークの有名3「ヒュッゲ」

「ヒュッゲ」という言葉を聞いたことがある人はほとんどいると思いますが、「ヒュッゲ」が何を意味するのか、本当に知っていますでしょうか。

実は、デンマーク人以外には知られていないのです。近年、ヒュッゲという言葉はデンマークでとても有名になりました。そして、この言葉にはデンマーク人がとても敏感になっているのです。

デンマークは、居心地の良い雰囲気や状況を表す「ヒュッゲ」(ちなみにフーガと発音します)という言葉を作ったことで知られています。ヒュッゲとは、純粋に満ち足りた気分というのが一番しっくりきます。

デンマークの有名4「サイクリング」

デンマークはサイクリストのパラダイスとして知られています。四輪よりも二輪が好きな人なら、デンマークでくつろぐことができるでしょう。コペンハーゲンでは、車の数より自転車の数の方が多いのです。

しかし、最適なサイクリングコースは、実は首都の外にあります。デンマークには12,000キロメートルのサイクリングロードがあるので、ルートを選ぶのが一番難しいでしょう。

デンマーク語で「オステルソルーテン」と呼ばれるバルト海沿岸のルートが有名で、定番の人気コースです。全長820kmで、デンマークの南部を通ります。

8の字型のルートをサイクリングして、シェランド、フィーン、シドユランなどを探索しましょう。

デンマークの有名5「コペンハーゲン」

ずっと好きな街のひとつが、デンマークの首都であるコペンハーゲンです。見るもの、することがたくさんあり、行くたびに新しい発見があります。きっとあなたもそう思うはずです。

コペンハーゲンはスカンジナビアのミシュランスターレストランの中心地であり、合計で33の星を獲得しています。

コペンハーゲンにある数多くのレストランのうち25軒がミシュランの星を獲得していますが、そうでないレストランでも素晴らしい料理を提供しています。

コペンハーゲンは、サイクリング、美術館巡り、ショッピングのために作られた街です。

デンマークの有名6「レゴ」

デンマークは、間違いなく前世紀を代表するおもちゃであるレゴの故郷として有名です。レゴの物語は、オーレ・カーク・クリスチャンセンというデンマークのビルンド出身の大工から始まります。

当時、Oleは子供向けの木製玩具を製造しており、レゴという名前は、デンマーク語で「よく遊ぶ」という意味の言葉、「Lek Godt」を組み合わせたものに由来しているのだそうです。

その後、玩具の改良を重ね、現在のプラスチックブロックの原型ができあがりました。

現在、レゴ社はオーレの曾孫であるキエルト・カーク・クリスチャンセンによって所有されています。レゴは世界中に広がりましたが、オリジナルのレゴランドは創業者の故郷であるビルンドにあります。

レゴへの投資は、過去100年の間に何度も金の価値を上回ったほどで、フォーブスは2015年にレゴを「世界で最もパワフルなブランド」に選出しました。

デンマークの有名7「デンマークの建築」

デンマークは精巧な建築物で知られており、「グランドデザイン」の愛好家は、どの建物がお気に入りか決めるのに苦労することでしょう。

コペンハーゲンのブラックダイヤモンド図書館のような近代的な公共建築は、建築芸術の象徴的な作品です。しかし、デンマークの住宅建築も同様に素晴らしいものです。

例えば、オーフスにあるイスビャーゲット(氷山)を見てください。とがった氷山のように見えますが、実はデンマーク年金基金が出資した集合住宅です。

デンマーク語で「Bølgen」と呼ばれる「The Wave」は、海岸線の住宅団地です。

Henning Larsen Architectsによって設計され、ユトランド半島の南東部、フィヨルド半島の端にあるボーゲンを実際に見ることができます。

ミニマムだけど居心地がいい、この2つがデンマークデザインを表現するのに最適な言葉だと思います。

デンマーク人は光にこだわりがあり、デンマークの家では蛍光灯を見かけることはありません。

デンマークの人々は、花瓶やランプシェードなどのセンターピースに大金をかけ、あるいは何世代にもわたって受け継いでいます。

デンマークを代表するデザインのひとつに、1958年にアルネ・ヤコブセンがデザインした1960年代のエッグチェアがあります。

デンマークの有名8「ロイヤルコペンハーゲン ポーセリン」

デンマークは、派手な王室のデザインでも有名です。1775年、デンマークで初めて作られた磁器は、現在ロイヤルコペンハーゲン磁器という会社で作られたものです。

ロイヤルコペンハーゲン磁器の創業以来、一枚一枚が手描きで作られています。その人気と価格の高さから、デンマークでは家宝として代々受け継がれ、崇敬を集めています。

代表的なプレートである「ブルーフルーテッドプレーン」は、完成までに1197ストロークを要します。しかも、使うのは古いブラシではない。RCPが使用するブラシは、牛の耳やトナカイの腹の毛で作られているのです。

デンマークの有名9「シュガーピッグス」

デンマークは甘いもの好きが多い国として有名です。デンマーク人は砂糖好きに対して、さらに素晴らしい言葉を持っています。

“sukkergris” – 砂糖豚です。平均的なデンマーク人は毎年8.2kgのキャンディーを消費し、世界で2番目にキャンディーを消費する国なのです。1位は現在フィンランドとスウェーデンが同点で並んでいます。

デンマークの平均キャンディー消費量は、北欧を除く他のヨーロッパ諸国のほぼ2倍だそうです。北欧諸国は、お菓子をガツガツ食べることに関して、常にお互いを凌駕しようとしているようです。

デンマークの有名10「 キャンドル」

キャンドルを燃やすことほどデンマークらしいことはありません。デンマークは、ヨーロッパのどの国よりも一人当たりのキャンドル消費量が多いことで知られており、一人当たり約6kgのキャンドルを燃やすそうです。

しかし、ただのろうそくではありません。

デンマーク人は、キャンドルを香りのないものにすることにとても厳しいのです。デンマークでは本物志向が強く、ヨーロッパで最もオーガニックな食品を消費している国という肩書きとも合致しています。

デンマーク語でキャンドルを意味する「levende lys(レヴェンデ・リス)」は、「生きている光」という意味です。これは「生きている光」という意味ですが、まさにその通りです。デンマークでは一年中キャンドルが揺らいでいますが、特に秋と冬がおすすめです。

5月4日には、世界中でスターウォーズのミームやダジャレがネットに溢れ、「May the 4 be with you(4日はあなたと共にありますように)」と言われます。しかし、デンマークでは、この日は想起の重要な節目となります。

デンマークは、第二次世界大戦中、5年間にわたるナチス・ドイツの占領から解放された日をこの日に記憶することで有名です。

1945年5月4日午後8時35分、デンマークBBCの覆面放送局が、オランダとデンマークのドイツ軍が降伏したことを発表し、大きな喜びを広めました。デンマーク全土で、市民は暗幕を壊し、窓にろうそくを立てて、暗闇の終わりを告げた。

今日に至るまで、デンマーク人はこの伝統を受け継ぎ、5月4日にろうそくを灯し、暗い時代の終わりを祝い、光の自由を尊んでいる。

デンマークの有名11「世界で2番目に幸せな国」

デンマークは世界で最も幸せな国の一つとして有名である。2020年にフィンランドに1位の座を奪われましたが、彼らはそのことにめげずに頑張っています。

デンマークのユーモアのセンスは、自虐的で皮肉なものが多い。自国をバカにすることより面白いのは、隣国のスウェーデンをバカにすることだ」というのが、このルールの唯一のニュアンスです。

デンマーク人は他のスカンジナビア人と比べても外向的で活発な国民です。パーティーをしたり、お酒を飲んだり、見知らぬ人と会話をしたりすることは、デンマークの文化の一部であり、一部なのです。

デンマーク人は一体感とコミュニティ精神を愛するので、あなたは歓迎されていると感じるでしょう。特に、デンマーク人に英語のスキルを披露してあげると喜ばれます。

デンマークの有名12「ルルパック」

ルルパックバターは、スカンジナビアの駐在員全員を恥ずかしくなるほど興奮させます。デンマークはルルパックと呼ばれる少し塩気のあるバターやスプレッドの生産で知られており、家庭によっては必需品となっています。

実際、海外に住むデンマーク人の多くは、ルルパックが手に入れば冷蔵庫に入れていると言っても過言ではないでしょう。

デンマーク料理では、バターが大きな役割を果たすので、ルルパックでなければダメという人も多い。

デンマーク料理はバターで揚げ、バターで焼き、オープントップのサンドイッチ、スモーブローはルルパックなしでは成立しないのです。

デンマークの有名13「子育てに最適な国」

デンマークは、子育てをする上で親の楽園として知られています。安全性、平等性、教育の質など、複数の要素から子育てに最適な国ナンバーワンが選ばれています。2020年現在、デンマークは世界で最も子育てに適した国であると言われています。

デンマークでは、新生児が誕生すると、両親(パパ・ママとも)には合計52週間の有給休暇が与えられます。

それに比べ、オーストラリアやイギリスなどは、最低賃金労働者でも2週間しかありません。米国では、有給の産休・育休は公式には全く用意されていません。

デンマークの教育はすべて無償で、国民が税金で負担しています。幼稚園でさえも無料です。つまり、新米ママは早く仕事に復帰して、子育てを楽しみながらキャリアアップすることができるのです。

デンマークの有名14「信号無視をしない」

この記事を読んで、デンマーク観光を急がれる方もいらっしゃると思いますが、デンマークは交通法規に特に厳しいことで有名です。

観光客やデンマーク人が信号無視で捕まり、2200DKK(350ドル)の罰金を言い渡されたこともあるそうです。他の地域で赤マンを無視したり、歩いてはいけないという標識に慣れている人は覚えておくとよいでしょう。

この法律はあなたにとって特殊に思えるかもしれませんが、あなたの財布を空っぽにしたくなければ、デンマークでは危険を冒さないことです。

デンマークの有名15「ストリートスタイル」

デンマークは、気楽な国でありながら、ファッションに敏感な国として有名です。

デンマークではスカーフが大流行しています。大きければ大きいほどいいのです。実際、デンマークのスカーフは巨大なことで知られています。

私はコペンハーゲンで黒と白のストライプのスカーフを買いましたが、父は洗濯後、毛布だと思ってリネン庫に入れました。その大きさは1メートル×1メートル(3フィート×3フィート)冗談ではなく、世界一心地よいものなのです。

デンマークで気をつけなければならないのは、歩行者だけではありません。デンマークは交通安全に非常に真剣に取り組んでいることで有名ですが、たとえその専門用語が英語圏の人々の笑いを誘うものであってもです。

上のような標識を見て、私たちの中の子どもはみんなクスッと笑いたくなるのです。デンマークでは、道路警察が定期的にスピードチェックを行います。デンマーク人はこれを「fartkontrol」と呼んでいます。