アメリカの文化や慣習、性格、マナー、思考をわかりやすく解説します

アメリカ

アメリカ旅行を行く前に、文化や習慣、アメリカ人の性格、マナーなどを知りたいと思っていませんでしょうか。

今回の記事では、アメリカ文化をわかりやすくまとめて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

これぞアメリカの文化まとめ!自由の国はどんな人がいるのか

アメリカ人は、物事を大きく考える文化

アメリカのトラック

他の国が実用的でコンパクト、かつ簡潔であることを重視するのに対し、アメリカ人は大きくて豪華であることを好むことが多い。駐車場に巨大なトラックや巨大なSUVが広がっていても、驚かないでください。

アメリカ人はスペースが好きなのです。大きいことは実用的なのです。

また、アメリカの食事も大味で、ほとんどのレストランが大盛りにしています。ほとんどのレストランが大盛りで、大盛りを注文して、残りを持ち帰ることもよくあることです。

チーズバーガーとフライドポテト、揚げ物が大好きな食文化

アメリカ料理

レストランのメインディッシュの中には、シェアすることを前提としたものもあります。外食で分量に迷ったら、サーバーにおすすめを聞いてみてもいいかもしれません。

しかし、「大きいことは良いことだ」という考え方に反対する動きもあります。

特に都会の若い人たちは、環境にやさしい車を買ったり、地元の健康的な食品を買ったり、消費と廃棄をできるだけ減らそうと努力しているのです。

そもそも、アメリカ料理は、その歴史の中でヨーロッパ人やネイティブアメリカンの影響を受けてきました。

現在では、ハンバーガーやホットドッグ、ポテトチップス、マカロニチーズ、ミートローフなど、一般的にアメリカ料理と認識されている食べ物が数多く存在します。

アメリカ南部風の料理は「アメリカの快適な食べ物」と呼ばれ、フライドチキン、コラードグリーン、黒目豆、コーンブレッドなどの料理がよく登場します。

テキサス州や南西部で人気のテクス・メクスは、スペイン料理とメキシコ料理が融合した料理で、チリやブリトーなどがあり、シュレッドチーズと豆を多用するとCulture Tripは伝えています。

“To-go “コンセプト文化

アメリカ人の多くは、常に移動しています。仕事の行き帰り、子供の送り迎え、用事、ビジネスミーティングや社交の場に行くなど、次から次へと走っていることが多いようです。

アメリカ人は常に移動しているため、正式な食事をする時間が十分にないことが多いのです。よく耳にするのは、”1日24時間では足りない!”という表現です。

コーヒーカップや飲み物、持ち帰り用の容器に入った食べ物を持って歩いているアメリカ人を見ると、驚くかもしれません。路上でピザを食べたり(特にニューヨーク)、銀行で並んでいるときにカプチーノを飲んだりしている人を見かけることもあるでしょう。

DoSomething.orgによると、アメリカ人の食事の20%は車の中で食べられているそうです。

多くのアメリカ人にとって、カフェに座ってコーヒーを飲んだり、数分間リラックスしてスナックを食べたりする時間は十分にはありません。そのため、食べ物や飲み物を “持ち帰り” で注文するのをよく耳にします。

外食やテイクアウトを好む文化

アメリカ人の外食は、時間や利便性のためだけでなく、楽しいからです。アメリカは異文化のるつぼであり、さまざまなおいしい食べ物があります。外食によって、アメリカ人は新しい料理や食品を探求することができるのです。

アメリカの小さな町でも、ピザや中華、日本食、メキシコ料理などを見つけることができます。大きな都市では、エチオピア料理、ブラジル料理、アフガニスタン料理などのレストランを見つけることができます。

ただし、生活習慣は人それぞれです。外食をほとんどしない人もいれば、週に数回外食するアメリカ人も珍しくありません。

家から弁当を持ってくるだけでなく、多くのアメリカ人は昼食にテイクアウトをしたり、毎日ランチに出かけたりしています。

アメフト、野球、バスケが大人気のスポーツ文化

アメリカ人の多くはスポーツが大好きで、フットボール、野球、バスケットボールなどが人気です。あなたの母国とアメリカとの大きな違いは、アメリカではサッカーの人気が他の国よりずっと低いということです。

スポーツはアメリカ人の心を一つにし、また分断する大きな要因となり得ます。フットボールやバスケットボールの季節になると、同僚がどちらのチームが優れているか、熱く議論しているのを見ることがあります。

フットボールは見るのは楽しいですが、理解するのは難しいです。

しかし、アメリカ人の同僚に助けを求めることができます。2017年のスーパーボウルを1億人以上のアメリカ人が観戦した理由もわかるかもしれません。

アメリカのファッション

服装は、社会的地位、地域、職業、気候によって異なります。ジーンズ、スニーカー、ベースボールキャップ、カウボーイハット、ブーツなどがアメリカ人と関わりの深い服装だが、数十年を通じてさまざまなスタイルがあるようです。

ラルフローレン、カルバンクライン、マイケルコース、ヴィクトリアシークレットなどは、有名なアメリカンブランドです。

アメリカのファッションはセレブやメディアの影響を大きく受けており、2019年のアメリカの衣類とアクセサリーの売上は240億米ドルにのぼります。

また、ファッションや電化製品などをオンラインで購入するアメリカ人が増えています。国勢調査局によると、2021年第3四半期の米国ECの売上高は合計2146億ドルに達しました。

競争文化

他の多くの文化と同様に、アメリカ人は競争を好みます。特に学業やスポーツ、その他の趣味の分野では、幼い頃から一生懸命に努力し、課題を成功させるためにベストを尽くすことが奨励されます。

大学も競争が激しいので、親は早くから入試の準備をします。高校や幼稚園でも競争的な入学試験を行うところがありますし、ガールスカウトでも募金活動でクッキーを一番多く売って豪華な賞品を手に入れようと競い合います。

多くのアメリカ人も野心的であることがおわかりいただけると思います。

彼らは積極的で、何かを成し遂げたいと思えば、それに向かって突き進みます。そして、他人が追いつくのをじっと待つようなことはしないのです。

多様性を尊重する文化

アメリカは多様性に富んでいるため、特にコミュニケーションや自分の考えを表現する際には、常に他の文化や人々の違いを尊重することが一般的に行われています。

その基本的なルールは、どのような会社であっても、不快に解釈されるような言葉や表現は使わないということです。

同僚は年齢、性別、人種が異なるかもしれませんが、ポリティカル・コレクトネスは、誰もが心地よく集団行動を行えるようにするための方法なのです。

米国が「メルティング・ポット(人種のるつぼ)」と呼ばれるのは、さまざまな背景や文化を持つ人々が集まっており、信念や価値観、伝統も多種多様であるためでもあります。

典型的なアメリカ人というものは存在せず、それがこの国を興味深い場所にしている一因です。習慣も地域や家庭によってさまざまです。

スモールトーク文化

アメリカ人の多くは、スモールトークと呼ばれる、見知らぬ人や知人と、天気やスポーツ、人気のテレビ番組など、話題のないことについて会話を交わす習慣があります。

バス停で待っているとき、お店で並んでいるとき、エレベーターの中で、見知らぬ人から「昨日のスーパーボウル見た?すごい試合だったね!」など。

また、二人で並んでいる長蛇の列について冗談を言ったり、その場の状況についてコメントしたりすることもあるかもしれません。世間話は無害であることが前提ですから、見知らぬ人から不快なことを言われても困ります。

自立を重んじている文化

アメリカでは、自給自足という考え方が非常に重視されています。多くのアメリカの子供やティーンエイジャーは、サマーキャンプや旅行などで長期に渡って家を空けることがよくあります。

中学を卒業すると、多くのアメリカ人は故郷から遠く離れた場所にある大学を選びます。大学生は通常、2年から4年の在学中に一人暮らしをするか、学生寮で他の学生と一緒に暮らし、卒業後は多くの人が子供の頃に住んでいた家から離れていきます。

17、18歳を過ぎると、ほとんどのアメリカ人は家族と一緒に住まなくなる。買い物や洗濯、料理も自分で行い、キャリアや学業も自分で追求します。

アメリカの芸術文化

アメリカは、テレビや映画などのマスメディア制作の先進国として、世界中に広く知られています。

Select USAによると、米国は世界のメディア・エンターテインメント産業の3分の1を占め、717億ドル(約8兆円)の規模を持ちます。

米国では1950年代前半にテレビ放送が開始され、1950年代後半にはテレビ局が設立されました。

発言する文化

一般的に、そして職場でも、アメリカ人ははっきりものを言い、欲しいものを追い求めることで知られています。特に職場では、アメリカ人が自分の意見を言うことを恐れないことに驚かされるかもしれません。

上司はあなたの上司であり、常に敬意を持って接するべきですが、何か疑問があれば遠慮せずに質問してもかまいません。プロジェクトで明確な説明が必要な場合、雇用主はあなたがそれを伝えることを望んでいます。

発言することと破壊的または無礼であることの間には確かに違いがありますが、何かを言うことは問題ありません。

知っておきたいアメリカの祝祭日と習慣

その文化を知るための一つの楽しみは、その国の伝統行事に参加することです。ここでは、アメリカ人が国中で祝う主要な祝日をいくつか紹介します。

1月1日 元旦

前夜からパーティーを開いて新年を迎える(12月31日は大晦日)。

1月第3月曜日

マーティン・ルーサー・キングJr. 1964年にノーベル平和賞を受賞したアフリカ系アメリカ人の公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの誕生日を記念する日。

2月14日バレンタインデー

愛のしるし(通常はカード、キャンディー、ギフト)を交換し、愛とロマンスを祝います。

2月第3月曜日 大統領の日

ジョージ・ワシントン(国家最初の指導者)やエイブラハム・リンカーン(南北戦争の英雄で奴隷制廃止に貢献)など、歴代のアメリカ大統領に敬意を表する日。

3月17日

聖パトリックの日 アイルランドの守護聖人を祝って、パレードやパーティーがアイリッシュグリーンで飾られます。

4月1日

エイプリルフール ユーモアのセンスのある人に、賢い(しかし無害な)手品をしたり、ジョークを言ったりします。

5月最終月曜日

メモリアルデー 米軍に所属していたときに亡くなった男女を追悼する日。

7月4日 独立記念日

1776年にアメリカの13の州がイギリスからの独立を宣言した日を記念して、アメリカ人による花火の打ち上げを見る。

9月第1月曜日

労働者の日 全米の勤勉な労働者の貢献と努力に敬意を表する。

10月第2月曜日

コロンブス記念日 1492年にアメリカ大陸を発見したと伝統的に考えられているクリストファー・コロンブスを称える。

11月最終木曜日 感謝祭の日

ピルグリム(13植民地の最初の入植者)とアメリカ先住民が共に食べた夕食を記念して、伝統的な食事をする。

12月25日

クリスマス キリスト教の指導者であるキリストの誕生を祝い、家族や友人とプレゼント交換をする。